Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【被災時】あってよかった!役立つ備品一覧

役立ち情報
スポンサーリンク

「うちの地域は被災したことないから大丈夫!」そう考える人もいるかもしれません。ですが、災害はどこでも起きる可能性があります。

そこで、様々な災害で被災してしまったとき、備蓄しておくと便利なものを一覧にしました。

備蓄品

被災をして支援物資が届かないときや、災害が落ち着くまでの生活をするために必要なものです。自分や家族のためにも、必ず用意しておきたいですね。

必ず用意しておくもの

  • 飲料水(1人1日約3L×7日分×家族数)
  • 保存食(7日~10日)
  • カセットコンロ(予備ボンベ)
  • 紙皿・紙コップ・割り箸
  • タオル・毛布
  • ランタン・懐中電灯(電池)
食料不足に備える

昨今、テレビでも報道していますが、飲料水不足や食料不足で辛い思いをしてしまう場合も予想されます。 被災してしまったときに食料があるだけでも、精神的に気持ちが変わってくるので、もしものことを考えて用意しておきましょう。

子供の食料

小さな子供がいる家庭では子供が保存食を食べないこともあります。そのため、クッキーなどの子供の好きな保存食は重宝されています。

停電対策

ランタンや懐中電灯の用意も必須です。停電してしまった場合にスマホの照明を使ってしまうと、充電の消耗が激しいので、どちらか用意が必要です。

必要になるもの

  • スリッパ
  • 簡易トイレ・ポリ袋
  • ほうき・ちりとり
  • スコップ・バール・ジャッキ・おの・のこぎり
  • ウォータータンク(飲料水袋)・荷物運搬カート
  • 軍手・手袋
  • ヘルメット・帽子
  • ブルーシート
  • 使い捨てカイロ
  • ラップ・アルミホイル
  • ろ過機(水の清浄用)
  • トイレットペーパー・ティッシュ
  • 高密度ポリエチレン
  • レジ袋・ゴミ袋
  • モバイルバッテリー
トイレ対策

ご存知のとおり停電が続いてしまうと、トイレの水が流れなくなってしまいます。そんな時に役立つのが簡易トイレです。いくつか用意しておきましょう。また、トイレットペーパーは災害用のメートル数の長いものが売られています。1ロールあるだけでも、しばらく安心できるのでオススメです。

ガレキ除去

スコップなどの工具は、被災して家から出られなくなってしまった時や、家周辺の片付け作業に役立つので、まずは一つでも用意しておきましょう。

携帯充電

モバイルバッテリーは、充電を満タンにしておくようにしましょう。停電してしまった時にはとても頼りになります。

家族構成によって必要

  • 母子健康手帳
  • 粉ミルク・哺乳瓶・離乳食
  • おむつ・おしりふき
  • 生理用品
  • 障害者手帳・介護用品

乳幼児

乳幼児がいる場合、必要に応じて粉ミルクや哺乳瓶が必要になります。最近では、使い捨ての哺乳瓶も売られているので、消毒できない環境でも安心です。

衛生面対策

おしりふきは普段使いにも、とても万能です。肌に優しい成分の水を含んでいるので、お手拭きや子供の体を拭いてあげることもできます。

消耗品のストック

災害が起きてからでは、オムツなどの消耗品は手に入りにくくなることと想います。いざという時のためにも、普段からストックしておくようにしましょう。

ペットがいる場合

  • ペットフード
  • その他ペット用品

ペットも大事な家族です。ペットによっては人間用の保存食をあげることもできますが、ペットフードを普段からストックしておくようにしましょう。

避難所で便利なもの

被災が続き避難所生活を余儀なくされた場合、どのようなものが必要になるでしょうか?確認してみましょう。

必要になるもの

  • 毛布・寝袋・座布団
  • ライター
  • 缶切り・多目的ナイフ
  • ガムテープ
  • 段ボール箱
  • 筆記具・メモ帳
  • 着替え・タオル・スリッパ
  • 洗面用品・マウスウォッシュ・歯ブラシ
  • 救急用品(絆創膏・傷薬・常備薬・目薬・サプリメント・綿棒・ガーゼ)
  • アイマスク・耳栓・補聴器・入れ歯用洗剤
  • マスク・帽子
  • ろ過機
ダンボールは優れもの

ダンボール箱は、一見いらないように感じるかもしれませんが、例えば避難所で寝る時やプライベート空間を少しでも確保したり、荷物をまとめておく時などにとても便利です。

救急用品

避難所にも用意されているかもしれませんが、普段から飲み慣れた常備薬を飲むほうが安心できます。

シミュレーションしておく

被災経験がないとなかなか難しいかもしれませんが、自分が被災してしまったと想像しながら、自分に必要ものは何なのかを確認し、もしものときの準備をしていきましょう。