Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

あなたはできますか?災害時の安否確認

役立ち情報
スポンサーリンク

いつ何処で自分の身に起こるかわからない災害。もしものときの災害時、家族や友人と連絡が取れなくなる場合を想定して、確認が取れる状態を確認しておきましょう。

災害用伝言ダイヤル

まずは「171」をダイヤルします。
その後ガイダンスに従い、番号を入力しながら進めていきます。

録音

171

ガイダンス

1(録音)

電話番号入力(市外局番から)

1(登録)

9(終了)

再生

171

ガイダンス

2(再生)

電話番号入力(市外局番から)

1(再生)

8(もう一度)・9(終了)

注意


登録できる番号は被災地の電話番号です。災害により繋がりにくい地域の電話番号・携帯電話・PHS・IP電話が対象となっています。一部の電話からは利用できない場合があり、契約している通信会社に確認を取りましょう。

NTT東日本・西日本の電話から171への電話は通話無料です。他業者の電話や携帯電話・PHSからかける際には通話料が発生する場合があるので、確認する場合は電話会社へ連絡をしましょう。

web171(災害用伝言版)

災害発生時の伝言板です。インターネットでメッセージを登録・確認をすることができます。

災害時TOP画面 | 災害用伝言板(web171)

災害用伝言版

携帯電話・スマートフォンからアクセスし、コメント登録・確認をすることができます。

ドコモ用

www.nttdocomo.co.jp

au用

www.au.com

Softbank用

www.softbank.jp

J-anpi

各キャリア会社による災害用伝言版の安否情報、各企業や団体が収集した安否情報が一つに集約されたサイトです。電話番号・名前で安否検索をすることができます。

anpi.jp

SNSの活用

普段からSNSを使用しているなら、SNSを使用して安否の確認や発信をすることもできますね。しかし、充電手段がない場合に使用してしまうと、バッテリー消耗などが懸念されますので、必要最低限に留めることをおすすめします。

大雨・台風などの災害時の情報収集

災害に遭遇してからの場合でも、情報収集をする手段を考えておくことも大事です。各行政により情報発信も様々なので、確認しておきましょう。

〇防災行政無線
〇防災ラジオ
〇市のホームページ
〇災害情報ツイッター
〇災害情報メール
〇緊急速報メール