Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

筆ペン、正しく使えますか?基本を説明します!

役立ち情報
スポンサーリンク

みなさん、筆ペンを持っていますか?

持っていてもお祝いや香典くらいでしか、使用しないことが多いかもしれませんね。

持ち方もペンと違い、なかなか難しいですよね。

しかし、基本を崩さずに使用することで、素敵な字へと近付いていきます。

筆ペンの特徴

筆ペンといえば、書道で使用する細筆を使ったときと同じような文字が書けて、インクも内蔵されている万能なペンです。ボールペンなどと違い、線に太さの強弱や緩急をつけることができます。なぜこのような変化をすることができるかと言うと、ペン先に特徴を持っているためです。

筆ペンの販売メーカーにより多少の差はありますが、どの筆ペンの先もしっかりとした弾力があります。この弾力には悩む人もいることと思いますが、まずは慣れていくことから始めましょう。

筆ペンの種類

様々な種類が存在する筆ペンですが、大きく分けて3つのタイプに分類することができます。形状は極細〜太字までバリエーション豊富に揃っています。

使い分けは好みによりますが、一般的には文字の大きさによって使い分けます。試し書きをして、書きやすく自分にあった筆ペンを選びましょう。

また、近年ではインクの色が豊富になってきており、黒や朱色のほか多彩な色の筆ペンを使用することができます。

硬筆

ペン先が硬めに作られているのが特徴です。サインペンのようなタイプになっているものが多く、筆の弾力に慣れていない場合はこの硬筆タイプの筆ペンから始めると良いとされています。


軟筆

ペン先が柔らかく作られているのが特徴で、書くときに力を入れすぎてしまったり、ゆるめてしまったりすると、失敗しやすい筆ペンになっています。リラックスして軽快に書くことがポイントです。

ポケット 【1042】軟筆ふでペン(中字)
価格:108円(税込、送料別) (2019/7/9時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

毛筆

ペン先が実際の筆のように毛で作られているのが特徴で、書道で使用する筆のような書き心地があります。書道初心者の場合、硬筆・軟筆のペンに慣れから使うのがおすすめです。


筆ペンに適した用紙

筆ペンにもよりますが、インクがにじんでしまう用紙もあるので、しっかりとした用紙を使用することが望ましいです。練習するならばコピー用紙などもおすすめです。

ハガキや手紙の用紙には「ペン・毛筆用」と、記載がされている商品もあるので確認してみましょう。また、書道のように半紙に書いてみるのも、筆の味を楽しむことができるのでおすすめです。

筆ペンの持ち方

どんな筆記用具を持つときでも、持ち方はとても大事な基本になります。筆ペンの持ち方にも気を付けることがあるので、確認しておきましょう。

f:id:pechuyan:20180929174509j:plain

ほかの筆記用具では、ペン軸の傾斜を軸の傾きが用紙に対して約60度にすることが基本ですが、筆ペンは軸をまっすぐに立てて持つようにして、力を入れすぎないようにして持ちます。

f:id:pechuyan:20180929174524j:plain

そして親指と人差し指で持ち、中指で支えるようにします。

これが基本の持ち方になるので、覚えておきましょう。

使用するときの姿勢

まず、 筆ペンを使用するときの姿勢は、 椅子に座った状態で使用することが望ましいです。他の筆記用具を使う時と同じように背中を伸ばして座り、机とお腹の間はこぶし1つ分くらい空けるように座ります。

そして、肩には力が入りすぎないようにリラックスします。もし書き終えた後に肩がこったように感じる場合は、力が入りすぎている可能性があります。

ワンポイント

右利きの場合は用紙を体に対して若干右側になるように置き、左手を添えて力を入れすぎないようにして書いていきます。左利きなら紙は左側を意識して置き、右手を添えましょう。

筆ペンの楽しさ

基本を崩さず練習していくことで、コツを掴めて筆ペンに慣れて来くるとともに、徐々に楽しさがわいてきます。筆ペンを上手に使いこなして、一味違った筆ペン使いをみてはいかがでしょうか。